夫婦間で育児法に食い違いが出てしまう

赤ちゃんが誕生してから夫婦で生まれて初めての育児に挑戦することは非常に素晴らしいことです。

赤ちゃん育児は旦那さんと一緒に行う

夫婦間で育児法に食い違いが出てしまう 赤ちゃんが誕生してから夫婦で生まれて初めての育児に挑戦することは非常に素晴らしいことです。
大概の妊婦さんは、お嫁さん側の実家へ戻って里帰り出産をして、そのまま数か月間実家に赤ちゃんと一緒にお世話になるというパターンが多いです。
実際にお母さんと赤ちゃんは密接な関係になりますが、1人だけお父さんが取り残されている状態になっているのが少しかわいそうだと思いました。
赤ちゃんとそれほど接していなかったら、赤ちゃんのお父さんとしての自覚がなかなか芽生えてこなくて、お母さんとの間に大きな差ができてしまうのではないかと思いました。

だからできるだけ、出産してからの育児は里帰りをしないで、夫婦二人三脚で頑張って行ったほうが、お父さんとしての意識を芽生えさせることができますし、おむつの取り換えやミルクに寝かしつけなどもお父さんが頑張って行うと少しずつ慣れてくるのではないかと思います。
それにこれ程動いてくれるお父さんがそばにいると、お母さんもすごく心強く感じることができますし、さらに家族としての絆をよりいっそうに深めていくことができるのではないかと思いました。
だからこそ、里帰り出産は少し控えて夫婦二人三脚で乗り切っていくことです。

Copyright (C)2017夫婦間で育児法に食い違いが出てしまう.All rights reserved.