夫婦間で育児法に食い違いが出てしまう

妊娠した女性は出産前に自分が生まれ育った実家へ戻って、実家近くのクリニックなどで・・・

里帰り育児をするのは止めます

夫婦間で育児法に食い違いが出てしまう 妊娠した女性は出産前に自分が生まれ育った実家へ戻って、実家近くのクリニックなどで出産をして、そのまましばらくは実家に育児などにお世話になるという里帰り出産をするという女性が多いですが、家庭環境などの事情によって已むおえなく里帰りをすることができない女性も存在しています。
確かに実の両親のもとで出産後お世話になるのはいいことかもしれないですが、生活スタイルが全く異なってしまった家族との生活は非常にストレスがたまるところがあります。
出産後はホルモンの変化などもありますので、できるだけ環境を変えない方が良いのではないかと感じました。

実際に里帰りをせずに自分が住んでいる街で出産をして、自宅で頑張って育児に奮闘している女性もいます。
さすがに産後一か月ほどは旦那さんと外部のベビーシッターや家事代行にお任せをして何とか頑張って乗り切ることができたのですが、必要以上にストレスを感じることはなかったですし、早々と赤ちゃんとの生活に慣れてきたのと、ずっと旦那さんがそばにいるので旦那さんに父親としての自覚が早々と目覚めてくれて本当に良かったという意見がありました。
出産をするときは決して自分の親にお世話にならないと言う風潮はありません。

Copyright (C)2017夫婦間で育児法に食い違いが出てしまう.All rights reserved.